【レッスン後記】歌唱を排除して話す話す話す!歌わない技術が生む効果

Hello Belters!!
皆さんこんにちは、今日も晴天のロサンゼルスより、リベルティング発声法代表のChicoです!
さて、2020年がスタートして10日が経過。皆さんいかがお過ごしですか?お正月休み気分は抜けたかな?

30dayチャレンジで断酒をしている私ですが、夢や目標に向かって努力する人生において辛いことがある時、いつも自分に投げかける質問があります。
それは、「Why am I doing this? 」どうしてこれをやっているのか?「How does his pain fulfill my highest value?」この我慢や痛みがどのように自分の最高価値を満たすだろう?と考えます。どうしてこんな辛いことをやってるのか、その努力の意味が腹落ちできたら、また頑張ろうと前を向ける。その努力が楽しみに変わる。

Chico先生と一緒に30日チャレンジやります!って心強い宣言をたくさんいただきましたが、ぜひ、「なんの為にやってるのか」ここをまず明確にしとこうね。私は、これからマインド面をコーチする身として、人の痛みや苦しみを知る為、自分の精神のコントロール方法を見つけ出す為、忍耐力と自分を律する為にこの断酒チャレンジをしています;)

さて、今日もレッスン後記を。

日本時間午前8時のレッスンは、ワンボイス6期生のYさん。お仕事の前にレッスン入れています。8時枠はね、結構貴重で。この早朝レッスンに入れているクライアントは伸びるんですよね。後、朝一という声にとって一番最低なコンディションで発声を整えるので、とても大きな自信になるようです。その気持ちが声を大きく成長させるということもあるでしょうね。

さて、Yさんもここまで1ヶ月弱、初回レッスンに来た時は地声が掴めなくて、ずっと裏声ミックスになっていて、レッスンの中で力強い地声でシャウトに導いていくと、ボロボロと涙を流していたのが印象的です。なんかみんな泣いてるね?あと課題だったのが、裏声なのか地声なのか自分で判断できず、裏声の自覚がないタイプでした。でも今日は最初からしっかりと地声でベルトし、This is me を歌えてた。あーーーもーーーーひと安心♡ 喉の力みも無し!素晴らしい!胃腸炎で体調不良だったにも関わらず、朝の8時からThis is me をベルトできるんですよ。本人は、「胃腸炎で踏ん張れないと思ったけど、いけた!」「歌ってたら体調悪い日もあるだろうし、これも将来への練習だと思って前向きに捉えられるようになった」って言ってたのが印象的。嬉しかったな。物事の捉え方で人生って大きく変わるからね。悪いことの中に良い面を見つけられる思考がトレーニングされると人生変わります。逆もしかり。

 

続いてのレッスンは、ワンボイス6期生でミュージカル女優のHさん。彼女は真面目な頑張り屋さん。歌もうまい。でも私はもっとHさんの生の歌声を聞きたい。というわけで、今日もまた歌唱を排除し彼女の可能性を掘り下げるレッスンをしました。過去のボイトレの概念を全て取り除くリハビリです。歌唱スキルはお化粧のようなもので、身につければつけるほど、厚化粧でケバい歌になる。人間性が見えないから存在感もなく、「歌のお姉さん」で終わってしまう。リベルティングの発声の基礎は、付けまつ毛を取って、カラコン、ディファインコンタクトを取って、お化粧を落として素顔になるような声作りをします。だからね、何にもいらないの。軟口蓋とか、特にいらない。

ミュージカルWickidの「自由を求めて」を練習しましたが、最後のロングトーンも完璧に地声でベルトできるようになりました。が、今の歌ではうまいんだけど人間性が見えない、ということで、歌わない技術で何度か調整。すると、「泣きそうです」と。それでいいです。本当の自分の声に言葉が乗ると、自分の心に響いで涙が込み上げて来ます。人の心を動かす歌を歌いたいなら、まずは自分の心を動かさないとね。自由を求めての最後の決めフレーズはFからのC#、女性が一番苦手とする魔のC#ロングトーンですが、彼女も素晴らしい上達を見せてくれて、指導してて楽しいです。現在地声のピュアベルトですが、この後5ヶ月でミックス、そして最終目標の「頑張らないボイス」へと喉を開発していきます。

彼女からレッスンの感想が届いたので、シェアします。「……Chicoさんに「歌うんじゃなくて心の声を叫んでみて、ビブラートかかってるのは叫んでない」と言われて歌った「自由を求めて」は、あ、これ私に向かって言ってる、私だ、って感じたら何故か分からないけど涙が溢れてきました。今日感じた、私が私に言ってるように感じる声をちゃんとそれにふさわしい音にして出したいと思いました。今は本体に服装が合わない感じで。心の声をそのままの熱量そのままの思いで、ぴったりがっちりハマる声が出せるようになりたいです。」大丈夫、まだ1ヶ月だから。5ヶ月後をお楽しみに。マインドからのアプローチからもどんどん心を開いていきます。

やっぱり、クラシック系や真面目なボイトレ歴が長い人は、一見上手いんだけど、自分の色がなかったり、1つの声しか出せなくてつまんない、という悩みがありますね。これはプロの人でも同じです。でも世の中にはいろんな表情を持った声を操る人たちがいる。その声の習得をワンボイスマスターコースでは行なっています。あー、世界に通用するシンガーを育てたいなー、と今日も思うのでした。

世界を目指したい方、発声とマインド面両方から才能開発をサポートするのでご連絡ください;)

Love yourself, Love your Voice.

REBELTING代表
Chico

 
 
 

\2020年帰国レッスン情報/
【ベルティング発声法ワークショップ】
2月20日(木)17:00-19:00
2月22日(土)18:00-20:00
¥9000-

【アーティストの為のマインドワークショップ】
2月23日(日)時間未定
¥15000~¥73000

【対面レッスン】
東京:2月20~26日
大阪:2月27日・28日
60分:5万円

募集開始までしばらくお待ちください。

関連記事

  1. 「LAボイトレ合宿」誕生までの秘話

  2. 【レッスン後記】アーティストが陥る完璧主義に白黒思考と発声の…

  3. 【レッスン後記】感情と声のつながりを使えば発声は一瞬で整う、…

  4. 【レッスン後記】クリアなミックスボイスと詰まる裏声ミックスの…

  5. 【レッスン後記】リズムと音程を教えないボイトレ、才能を磨き上…

  6. 【4ヶ月間】ベルティング習得コース

ベルティングコース

  1. ベルティング

    2020.01.17

    【レッスン後記】日本人の裏声と欧米人の裏声の違い・コーラ…

  2. 2020.01.15

    【レッスン後記】クリアなミックスボイスと詰まる裏声ミック…

  3. 2020.01.12

    【レッスン後記】アーティストが陥る完璧主義に白黒思考と発…