頸部ジストニア・けいれん性発声障害:ヴォイストレーナーにできること

華やかで長いキャリアの末に発症し、活動休止や療養、リハビリを強いられる有名な歌手の方も少なくないこの発声障害。一般的には未だその原因や治療法ははっきりと確立されておらず、難治性(治すのが困難な)疾患と言われています。

1.頸部ジストニア・けいれん性発声障害とは?

声を出そうとすると自分の意志と無関係に声帯が異常な動き方をしてしまう病気です。そのため声が詰まったり震えたりして、苦しく絞り出すような声になってしまいます。息漏れ声、かすれ声になるケースもあります。脳の大脳基底核という部分の異常によって起こるジストニアという疾患の一種と考えられています。原因は不明です。(参考引用元:http://sdcp.bumi2.com/?page_id=110

2.頸部ジストニア・けいれん性発声障害の方へレッスンした時のこと

一人目のお客様は「高音になると声が裏返る、ヨレるので高音を出すのが怖い」と悩みを聞かせてくれましたが、当時の私は恥ずかしながらその名前も疾患の深刻さについても何も知りませんでした。

ではまずはやってみましょうか!と一通りベルティング習得レッスンをしてみると、「あれ?いつもは裏返るんですけど…」と不思議と感動が混ざったように困惑するお客様。「でもいつもは本当に高音が裏返るんですよ?!」と今まで背負ってきた辛い思いを何度も伝えようとしてくれました。
あの時の私に正しい知識があればもっと他にかけてあげられる言葉があっただろうにな…と今でも心残りですが、「一度できたことは必ず何度でも繰り返しできるので、できた感覚を繋げていくことで改善していきましょう」とお伝えしてレッスンを終えました。

その後、もう一人けいれん性発声障害・頚部ジストニアに悩む方がレッスンに来てくれました。
「高音になると声が裏返る、ヨレる、意思とは関係なく音程がとれない」
病院の診察中に声を出しながら声帯の動きをカメラで見てみると、高音に差し掛かると喉の筋肉が盛り上がり声帯が見えなくなるほどだったそうです。

そしてまず歌声を聞かせてもらって、初めて私はこの疾患の重大さに気がついたのです。

前半のレッスンを終えて家に帰るなり「頸部ジストニア・けいれん性発声障害」についてインターネットで記事を読み漁りました。そこには「改善がとても困難」「明らかな対処法がない」など、とても希望を持てない言葉がずらりと並んでおり、お客様の心情を思うと胸がつぶれそうでした。

3.力みが生み出す謎のけいれん

後半のレッスンにて:
「高音を地声で出そうとすると喉が言うことをきかなくなるけど、裏声だと大丈夫なんです」
お客様のこの言葉で真っ暗だった長い長いトンネルの奥に「ピーン!」と一筋の希望の光が見えた私。

それなら「張り上げ」や「喉締め」を解消して声を出していく「ベルティング発声」ならそのコントロール不能な筋肉の動きを止められるはず!!!と思い、早速ベルティングの基礎練習を使って声の出し方を矯正していきました。




声の裏返り、ヨレ、音程、全てが劇的に改善されました。
これにはお客様も私も本当に驚き。大きな大きな進歩です。

ただ、今までの歌唱癖が出てきて、少しでも張り上げる、声を大きく前に出そうと力むとまた音がヨレてしまうので、しばらくは辛抱強く「喉の筋肉と頭の記憶の書き換え作業」をしていく必要があります。

そしてこれは私が一番ショックを受けたことであり、日本のヴォイストレーニングを語る上で感情が高ぶってしまうことなのですが、この2人のお客様は症状が出るまで自己流で歌っていたのではありません。何名もの有名なヴォイストレーナーや声楽の学校で声の出し方を習っていたのです。

4.頚部ジストニア・けいれん性発声障害に悩む方へ

喉の不調を訴えて病院で「頚部ジストニア」や「けいれん性発声障害」と診断されるとまずみなさんインターネットでどんな症状か調べると思います。そしてそのインターネット上には絶望的な情報が圧倒的ですが、私のレッスン経験がこの疾患に悩む方の希望になればと思いこの記事を書きました。もし、ジストニアやけいれん性発声障害でお悩みの方がいましたらご相談ください。ベルティング発声法がみなさんの力になれることがあると思います。

5.喉に負担をかけている歌手の方へ

そして今、張り上げたり、喉を締めて歌っている方、これを機に歌唱法を改善しませんか?このまま喉に負担をかけていると、いつこのような疾患を患ってもおかしくありません。特に歌手の方は喉が全てですので、早めの歌唱法改善をお勧めします。

6.全国のヴォイストレーナーさん達へ

そして最も大事なのが「この指導法で良いのかな?」と悩んでいる全国のボイストレーナーさんたち!
皆さんにもどんどんベルティングを習得して頂いて、これから多くの方に「本当に健康的で生徒さんの為になる発声法」を伝授していって欲しい!という願いもあり、次回レッスンから「ベルティングトレーナー育成コース」を開始します。詳しくは後日記事にも書きますが、興味のある方はお問い合わせください。

どんな小さなことであっても、自分の好きなことを思い切り楽しめるということは大きな幸せです。
その幸せのために準備できることをひとつひとつ考えてみましょう。

Love/Chico.

関連記事

  1. Belting Tips 0: ヴォーカルウォームアップの基…

  2. 【ミックスボイス?】ブルーノマーズの高音を出す方法

  3. 【脱!ボイトレ難民3】自分の声を確実にマスターする個人練習の…

  4. 魅力的な歌声を手に入れる!3日間の練習法〜男性編

  5. 【脱!ボイトレ難民4】あなたの歌手人生が変わるお金の使い方

  6. 【ボイトレ留学】普通の「喉締め歌唱」から一流「ベルト唱法」へ…

近日開催イベント

10月
9
全日 LA集中合宿コース @ Santa Monica
LA集中合宿コース @ Santa Monica
10月 9 – 10月 15 全日
LA集中合宿コース @ Santa Monica
2017年10月9日(月)〜10月15日(日)の7日間、エンターテイメントの本場ロサンゼルスで、Chicoの直接レッスンと、ハリウッドを始めとする現地ツアーを開催致します。 この合宿レッスンでは、1週間みっちり朝から夜までベルティングのレッスンを始め、Chicoのレッスンコンセプトの「テクニック」「フィジカル」「マインド」の3つのバランスを養うために、朝、簡単なヨガを行なったり、また、本場の雰囲気を触れるために、ハリウッドやグラミーミュージアムなども訪問します。 さらに、絶対に日本では体験できない、アメリカ人のセレブリティボイストレーナー、レイチェル・ローエンスの特別レッスンを予定しています。 レイチェルは、Chicoの恩師でもあり、自身のボイストレーナーでもあり、今回のオファーに快く受けて頂けました。 レイチェルは、多くのセレブクライアントのレッスンを行なったり、ハリウッド映画の歌唱指導も行なっている著名なボイストレーナーです。 また、合宿は、サンタモニカにある音楽スタジオ付きの一軒家をご用意しました。こちらで1週間、レッスンや音楽談義など楽しい時間を過ごしたいと思います。

ベルティングコース

  1. 2017.09.08

    エンターテイメント本場ロサンゼルスでのボイトレ体験!!

  2. 2017.08.14

    ベルティングの時代到来!歌がうますぎる高校生の発声法!

  3. 2017.08.03

    【Qクイズ】声帯閉鎖の強い歌手はだれでしょう?